セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

フィギュア

リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】

完売御礼

リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】

  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】
  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】
  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】
  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】
  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】
  • リトルアーモリー figma 照安鞠亜 【2018年10月出荷予定分】

(C) 2013TOMYTEC

発売元
トミーテック
発売予定日
2018年10月
販売種別
予約販売
予約期間
2018年2月27日 00:00:00 ~ 2030年3月26日 23:59:00まで
購入可能数
お一人さま3点まで

商品仕様

原型制作
ドラゴンクラフト
制作協力
マックスファクトリー
サイズ
全高:約130mm(ノンスケール)
商品仕様1
ABS&PVC製塗装済み稼働フィギュア、専用台座付属
商品仕様2
リトルアーモリー「M82A1CQタイプ限定版」ランナーキット付属(PS製)

メーカーより

対物ライフル系制服少女が登場!

トミーテックが展開する1/12スケール銃器模型「リトルアーモリー」より、零葉高校狙撃科の『照安鞠亜』がfigma化!

・スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現。
・要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保。
・肩に引出し式の関節を使用し、「リトルアーモリー」シリーズの銃器を構え易くしました。
・セミオートマチック式対物狙撃銃「M82A1タイプ」のfigma用限定キットが付属。近接戦用ショートバレル、新型マズルブレーキ、大型サウンドサプレッサーの装着が選択可能です。
・表情は「通常顔」と、戦闘時の「狙い顔」を用意。
・オプションパーツとして、狙撃姿勢を再現するための「伏せ撃ち用ヘッド」と「伏せ撃ち用クリア台座」が付属。その他にも「シューティンググラス付き前髪」「スポーツバッグ」が付属します。
・製品パッケージの背景紙には跳び箱のペーパークラフトを印刷。切り出してレイアウトすれば「依託射撃の土台」としてご活用いただけます。
・イラストレーターふゆの春秋氏による描き下ろしイラスト付きパッケージ。
・さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。

【リトルアーモリー「照安鞠亜」とは?】
ふゆの春秋氏により描かれたリトルアーモリーのパッケージを飾るキャラクターのひとり。狙撃に特化した指定防衛校「都立零葉高校」の生徒としてアンチマテリアルライフルの射手を務める。
リトルアーモリー公式サイト: http://www.littlearmory.jp/

おすすめ関連グッズ

>

リトルアーモリー [LD016] ブローニングM2HB 【2018年11月出荷予定分】

リトルアーモリー [LD016] ブローニングM...おもちゃ

3,800円(+税)

トミーテック

予約期間:7/19~8/2

>

リトルアーモリー [LD019] コンシールメントケースA 【2018年11月出荷予定分】

リトルアーモリー [LD019] コンシールメン...おもちゃ

2,500円(+税)

トミーテック

予約期間:7/19~8/2

>

リトルアーモリー ねんどろいど 照安鞠亜 【2018年12月出荷予定分】

リトルアーモリー ねんどろいど 照安鞠亜 【20...フィギュア

4,800円(+税)

トミーテック

予約期間:6/28~7/31

>

リトルアーモリー 豊崎恵那 水着Ver. 【2018年12月出荷予定分】

リトルアーモリー 豊崎恵那 水着Ver. 【20...フィギュア

3,685円(+税)

フリーイング

予約期間:6/26~7/24

>

リトルアーモリー 照安鞠亜 水着Ver. 【2018年11月出荷予定分】

リトルアーモリー 照安鞠亜 水着Ver. 【20...フィギュア

3,685円(+税)

フリーイング

予約期間:6/19~7/17

価格
5,520円(+税)
5,962円(税込)

完売御礼

発送およびキャンセル等について

注文の受け付けおよび発送等は全て株式会社キャラアニにて行います。詳しくは下記ページもご確認ください。

キャラアニのサイトへ移動します

ページ先頭へ

本文の終わりです