セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

DVD/BD

きみの声をとどけたい 【限定版】 【BD】

きみの声をとどけたい 【限定版】 【BD】

  • きみの声をとどけたい 【限定版】 【BD】
  • きみの声をとどけたい 【限定版】 【BD】

(C) 2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

発売元
KADOKAWA
発売日
2018年5月25日
販売種別
在庫販売 ※入金確認後、2~3日でお届けします。
残り 4点!
購入可能数
お一人さま3点まで

商品仕様

限定版特典1
アニメーション描き下ろしアウターケース
限定版特典2
「きみの声をとどけたい」ガイドブック(劇場パンフレット再編集版、日ノ坂町民名簿 他)
限定版特典3-1
特典ディスク(Blu-ray):ドキュメンタリー オブ 「きみの声をとどけたい」
限定版特典3-2
公式スピンオフ映像付ラジオドラマ、本予告、特報、アニメジャパンスペシャルPVほか
限定版特典4
音声特典:オーディオコメンタリー 2017年10月1日に劇場で行われたメインスタッフ、主演キャストによるオーディオコメンタリー上映の音声収録
商品仕様
BD2枚組
収録時間
本編約94分+特典映像(分数未定)
メディア
Blu-ray Disc

メーカーより

本気のコトバは、本気のネガイは、いつか現実になるんだよ。
「言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマっていってね……」
 海辺の町、日ノ坂町に暮らす高校生の行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた“コトダマ”の話を今も信じていた。願い続ければきっと叶う。悪いことばかり口にしていると、それが現実となって自分に返ってきてしまう。それがコトダマなのだ。 なぎさには3人の幼馴染がいる。ラクロス部仲間のかえで、お菓子作りが得意な雫、そして今は別の高校に通う浜須賀家のお嬢様の夕。でも、かえでと夕は顔をあわせるといつも口論になってしまう。なぎさは、かえでのことは好きだけれど、キツい言葉を使って口論するかえでのことは苦手。それがストレスにもなっていた。
ある日、なぎさは使われていない喫茶店アクアマリンに入り込んでしまう。その一角にあったのはミニFMステーションの設備。出来心からDJの真似事をしてしまうなぎさ。ほんの遊び心だったが、偶然にもなぎさの“声”は放送されていたのだ。
 その声を聞いてたひとりに矢沢紫音がいた。紫音は、ある理由から日のノ坂町を訪れていたのだった。そして、なぎさはかえでと雫、紫音と一緒にミニFM・ラジオアクアマリンからの放送を本格的に始めることになった。8月に入り、ラジオ番組に詳しい中原あやめと、作曲ができる琵琶小路乙葉も加わりさらに、本格的になっていくラジオアクアマリン。ところがある日、アクアマリンが取り壊されてしまうことが明らかになる――。

※ 当商品は発売日以降にお届けとなる場合がございます。予めご了承下さいませ。
※ 商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

おすすめ関連グッズ

>

きみの声をとどけたい 公式ビジュアルブッ [MVPブランド商品]

きみの声をとどけたい 公式ビジュアルブッ [MV...紙書籍

2,500円(+税)

マッドハウス

>

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~ 【通常版】 【BD】

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2...DVD/BD

4,800円(+税)

東宝

予約期間:10/15~12/13

>

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~ 【通常版】 【DVD】

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2...DVD/BD

3,800円(+税)

東宝

予約期間:10/15~12/13

>

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~ 【プルスウルトラ版】 【BD】 ※キャラアニ特典付き

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2...DVD/BD

7,800円(+税)

東宝

予約期間:10/15~12/13

>

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~ 【プルスウルトラ版】 【DVD】 ※キャラアニ特典付き

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2...DVD/BD

6,800円(+税)

東宝

予約期間:10/15~12/13

価格
7,040円(+税)
7,603円(税込)

キャラアニで購入する

キャラアニのサイトへ移動します

発送およびキャンセル等について

注文の受け付けおよび発送等は全て株式会社キャラアニにて行います。詳しくは下記ページもご確認ください。

キャラアニのサイトへ移動します

ページ先頭へ

本文の終わりです