セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

CD

ピタゴラス スペクタクルツアー シアター&ライブ2枚セット Vol.3 「DOGGY BLACK」 act.ルイ&アール&ツバサ ※キャラアニ特典付き

ピタゴラス スペクタクルツアー シアター&ライブ2枚セット Vol.3 「DOGGY BLACK」 act.ルイ&アール&ツバサ ※キャラアニ特典付き

  • ピタゴラス スペクタクルツアー シアター&ライブ2枚セット Vol.3 「DOGGY BLACK」 act.ルイ&アール&ツバサ ※キャラアニ特典付き

(C) Rejet/MARGINAL#4 FC

  • 特典付き
発売元
Rejet
発売日
2017年12月27日
販売種別
在庫販売 ※入金確認後、2~3日でお届けします。
残り 10点!
購入可能数
お一人さま10点まで

商品仕様

キャラアニ特典
キャラクターコメント入りL判ブロマイドセット(シアター&ライブ同時購入特典)
キャスト
高橋直純、鈴木裕斗、蒼井翔太

運営より

※商品本体とキャラアニ特典は注文時期、商品の入荷、特典の製造などの事由において、別々の発送となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

メーカーより

輝く物語(ドラマ)には星が降る――

MARGINAL#4・LAGRANGE POINT・UNICORN Jr.
ピタゴラスプロダクション所属の9人のピタドル達が、
3つの物語(ドラマ)で個性的な役を演じる「スペクタクルツアー」始動!

3組のユニットがそれぞれ3チームに分かれドラマに挑戦。
新たなユニットで皆様にドラマと音楽をお届けします。
それぞれの世界を巡る旅をお楽しみくださいませ。

「ピタゴラス スペクタクルツアー」シリーズは、
2017年10月から3ヶ月連続で、シアター&ライブ同時発売予定!


Vol.3 「DOGGY BLACK」
(Cast:藍羽ルイ×野村アール×新堂ツバサ)

世界各地で暗躍するスパイチーム「DOGGY BLACK」
トップクラスの腕を持つスパイが集う組織に、
ヴァーゴ(ルイ)・リブラ(アール)・リオ(ツバサ)は所属していた。

ある日、3人の元へBOSSからの指令が届く。
その指令は『人身売買を行っている証拠を掴め』というものだった。
緻密に計画を練り、潜入捜査を行う3人であったが……。

「――裏切り者が、1人いる」

闇夜に隠れる狗(Dog)は誰なのか。
信じられるのは自分だけ。
ライブシリーズでは、シアターシリーズのドラマ内容とリンクした楽曲を
ドラマに出演したピタドル達でお届け!

Vol.1「西遊記」
(Vocal:桐原アトム×牧島シャイ×仲真テルマ)

vol.2「STARGAZER Z」
(Vocal:野村エル×緋室キラ×滝丸アルト)

Vol.3 「DOGGY BLACK」
(Vocal:藍羽ルイ×野村アール×新堂ツバサ)

新たな組み合わせのピタドルユニットが歌う新曲2曲を各巻に収録!

おすすめ関連グッズ

>

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!T」Vol.1 ジェラルド CV.緑川 光

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!...CD

2,200円(+税)

Rejet

予約期間:10/12~10/31

>

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!T」Vol.2 ルチア CV.近藤 隆

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!...CD

2,200円(+税)

Rejet

予約期間:10/12~11/19

>

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!T」Vol.3 テンペスタ CV.森川智之

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!...CD

2,200円(+税)

Rejet

予約期間:10/12~12/19

>

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!T」Vol.4 キアーヴェ CV.鳥海浩輔

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!...CD

2,200円(+税)

Rejet

予約期間:10/12~1/17

>

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!T」Vol.5 ネロ CV.平川大輔

カレと48時間を駆け抜けるCD 「クリミナーレ!...CD

2,200円(+税)

Rejet

予約期間:10/12~2/19

価格
4,400円(+税)
4,752円(税込)

キャラアニで購入する

キャラアニのサイトへ移動します

発送およびキャンセル等について

注文の受け付けおよび発送等は全て株式会社キャラアニにて行います。詳しくは下記ページもご確認ください。

キャラアニのサイトへ移動します

ページ先頭へ

本文の終わりです