セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

紙書籍

ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り

ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り

  • ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り
  • ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り
  • ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り
  • ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 ※水野良直筆サイン入り

(C) 2015水野良・グループSNE  株式会社KADOKAWA 角川書店
(C) 2015Chara-ani
(C) 2014水野良・グループSNE/KADOKAWA/召しロー祭り実行委員会(キャラアニ/ダックスプロダクション)

  • 特典付き
  • オリジナル
発売元
KADOKAWA
発売日
2015年1月20日
販売種別
在庫販売 ※入金確認後、2~3日でお届けします。
購入可能数
お一人さま1点まで

商品仕様

商品仕様
DVD付き書籍
著者
水野良、南々井梢、黒井みめい、稀周悠希
イラスト
山田章博
判型
四六判変形
ページ数
280ページ
ご注意
商品開封後の返品キャンセルはお断りします。

メーカーより

カバーと挿絵を山田章博の描き下ろしが飾る「ロードス島」新小説の他、特典DVDにはショートアニメ「召しませロードス島戦記~それっておいしいの?~」全13話にオリジナル2話とオーディオコメンタリー付き。

書籍には、『新ロードス島戦記6 終末の邪教(下)』(2006年/角川スニーカー文庫)以来8年ぶりの、水野良書き下ろし「ロードス島戦記」新シリーズ小説『ロードス島戦記 誓約の宝冠 序章』を収録。
書籍にはその他に、水野良特別インタビュー、「ロードス島戦記」オマージュ小説『放課後イリュージョン ~パーンの声が聞きたくて~』(作・南々井梢)、あかほりさとる×水野良の爆笑対談、「ロードス島戦記」描き下ろしコミックなどなど、見逃せない内容が満載。
アニメDVDには、TOKYO MX他で2014年4~7月に放映されたショートアニメ「召しませロードス島戦記~それっておいしいの?~」全13話を収録し、特典としてテレビでは放送されなかったオリジナルアニメ2話、そしてキャストの木戸衣吹・山崎エリイ・森嶋秀太のオーディオコメンタリー付き。
アニメのスタッフ、キャストは以下。
監  督:鈴木行(「夢色パティシエール」「ヴァイス・サヴァイヴ」「らんま1/2」 他)
脚  本:赤尾でこ(「ノラガミ」「アスタロッテのおもちゃ!」 他)
     高橋ナツコ(「ドキドキ!プリキュア」「みツわの」 他)
製  作:キャラアニ、ダックスプロダクション
制  作:スタジオディーン (「桜Trick」「pupa」 他)
     スタジオ雲雀 (「TIGER & BUNNY」「マギ」 他)
音響制作:ダックスプロダクション
主 題 歌:「希望のヒカリ」歌・everying!(KING RECORDS)
キャスト:木戸衣吹(ホリプロ)、山崎エリイ(ホリプロ)、森嶋秀太(響)、他
協  力:あかほりさとる(「サクラ大戦シリーズ」「MAZE☆爆熱時空」 他)

おすすめ関連グッズ

>

OVA版 ロードス島戦記 デジタルリマスターBlu-rayBOX スタンダードエディション 【BD】

OVA版 ロードス島戦記 デジタルリマスターBl...DVD/BD

12,000円(+税)

KADOKAWA

予約期間:3/30~7/9

>

ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版

ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版 紙書籍

3,980円(+税)

KADOKAWA

>

ロードス島戦記 2 [角川スニーカー文庫 み-1-1-2]

ロードス島戦記 2 [角川スニーカー文庫 み-1...紙書籍

640円(+税)

KADOKAWA

>

ロードス島戦記 5 [角川スニーカー文庫 み-1-1-5]

ロードス島戦記 5 [角川スニーカー文庫 み-1...紙書籍

680円(+税)

KADOKAWA

>

ロードス島戦記 4 [角川スニーカー文庫 み-1-1-4]

ロードス島戦記 4 [角川スニーカー文庫 み-1...紙書籍

620円(+税)

KADOKAWA

価格
3,980円(+税)
4,298円(税込)

キャラアニで購入する

キャラアニのサイトへ移動します

発送およびキャンセル等について

注文の受け付けおよび発送等は全て株式会社キャラアニにて行います。詳しくは下記ページもご確認ください。

キャラアニのサイトへ移動します

ページ先頭へ

本文の終わりです