セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

紙書籍

創作者のためのドイツ語ネーミング辞典 ドイツの伝説から人名、文化まで

販売終了

創作者のためのドイツ語ネーミング辞典 ドイツの伝説から人名、文化まで

発売元
ホビージャパン
発売日
2019年4月25日
販売種別
予約販売
購入可能数
お一人さま10点まで

商品仕様

著者
伸井太一
判型
B6、平綴じ

運営より

※搬入の都合により、発売日以降のお届けになります。
※価格は予価です。

メーカーより

『中二病で学ぶドイツ語セミナー』の講師が贈る、まったく新しいネーミング辞典登場!マンガ・アニメ・ゲームなどの創作に使えるドイツ語満載!

★ドイツ語が「中二病かっこいい」とネット上で話題に!
クーゲルシュライバー(ボールペン)、シュヴァルツ(黒)、シュヴァイン(豚)などなど……。ドイツ語は「響きがかっこいい」「必殺技みたい」「中二病的なクールさがある」とネット上で話題を集めています。以前から『エヴァンゲリオン』『進撃の巨人』など、日本のマンガ・アニメ・ゲームではドイツ語が多用されています。過去には日独協会の主催により『中二病で学ぶドイツ語セミナー』も開催され話題を呼びました。
本書は、そんな話題の言語「ドイツ語」に特化した、全く新しいネーミング辞典です。響きが重厚でかっこよく、マンガやアニメ、ゲームなどの創作に活かしたくなるドイツ単語とスペルを数千語にわたって収録。さらにドイツの人名、ドイツの伝承・神話の登場人物名、モンスター名、武器名や防具名まで幅広く網羅。創作活動のイメージがふくらむように、特に面白い単語については由来や雑学などを交えて紹介します。

<書籍内容>
●幻想の章……モンスター、武器、魔法、悪魔、天使に関するドイツ語
●言霊の章……闇や破滅に関するドイツ語、正義や祝福に関するドイツ語
●人の営みの章……無駄にかっこいい!? 日常のドイツ語
●人名の章……ドイツ人の名前や苗字に隠された「意味・由来」を解説。
●その他……ドイツの自然、動物、地名、建築物、交通、芸術、学問、色彩など、ネーミングに活かしやすいさまざまなドイツ単語を紹介します。

著者は、大反響を呼んだ『中二病で学ぶドイツ語セミナー』講師・伸井太一。ドイツ・ヨーロッパ文化の研究本を数多く手掛けてきた著者によるドイツ語解説やネーミングコラムも必見です!

価格
1,600円(+税)
1,728円(税込)

販売終了

発送およびキャンセル等について

注文の受け付けおよび発送等は全て株式会社キャラアニにて行います。詳しくは下記ページもご確認ください。

キャラアニのサイトへ移動します

ページ先頭へ

本文の終わりです